2020年1月3日金曜日

2020年元旦歩き打ち〜先山千光寺

午前2時40分起床。3時に実家を出発。

外に出てみれば、風もなく、時間が止まったような空間に見えた。
そこで僕一人だけが動いている。

気温3度も、寒さを全く感じない。



空には北斗七星、オリオン座他多数、冬の星座が雲の隙間に煌めく。
大方は晴れているが、月の姿がない。

スマホの懐中電灯を翳して歩いた。



田舎道に外灯は少なく、国道28号線を離れると闇のようになる。

黙々と足元を確認しながら、一歩一歩足を進めるしかない。




去年の反省から、今朝は目覚めてから水を一口飲んだだけで、何も口に入れていない。

それでも出てくるものは出る。これが厄介だが、出ないのも困る。

自然の摂理に従って、道を往く。



暗闇の中を歩くのは、周りが見えないので、道を間違いやすい。
もう何度も何度も歩いている道でも、不安に駆られることがあり、考えすぎて間違ったりする。

が、
今朝は間違っても早い段階で修正できたので、大きくは違わず、定刻に山の麓に到着した。

ここは島の中央を縦断する高速道路下のトンネル。






ここからは外灯も一切ない山道を昇る。




樹々で覆われ星も月の姿もないので、完全に闇。




闇の中で、標高448m・先山千光寺の階段下、西茶屋に着いた。

午前6時11分。

もちろん茶屋は無人だ。







最初の階段は、18段。

二つ目の階段は、70段、三つ目は72段、4つ目は49段、

合計209段。






階段を昇ると人はいた。それでも四、五人。







静まり返った本堂前で般若心経を声に出して唱えた後、次に町石道に向かう。


下山しようとすると空の色が変わってきた。







そして登ってくる人の姿も増えて来た。

すれ違いざまに、
「あけましておめでとうございます」と口々に交わす。

こうして、新年になったんだと実感した。



町石道の途中に一箇所だけ御来光を望める場所があって、
僕がここに来た時にはまだ誰の姿もなく、
そこで待つこと27分、
その間にどんどん人が集まってきて15人ほどが見守る中、午前7時12分、

奈良の吉野山から朝日が顔を覗かせた。




海を隔てた対岸の和歌山、奈良がほんとうに近くに見える。










淡路島の日の出は海からだと思っている人が多いかもしれないが、山から昇る。








陽が昇ると一気に明るくなり、先程までの闇が嘘のように晴れた。

帰り掛け、振り返って見る先山は、明るく笑っているように見えた。





帰り道は迷うこともなく安心感はあるが、足は疲れてくる。

志筑の実家に戻ったのは、午前10時。

ちょうど七時間の歩き打ち。距離は27か、28km。





風呂に入って、11時に皆んなで朝食?お正月のご馳走を食べて、

その後、自凝島(おのころ じま)神社に初詣に行く。










新年、明けましておめでとうございます。


2020年の夜が開けた。

2019年12月3日火曜日

響和館の日曜日/富田和明 大太鼓基礎講座



今度の日曜朝11時、大太鼓を叩きに来ませんか?
初心者から経験者までどなたでも、一緒に叩きまくって汗をかきましょう!

大太鼓を叩くと心と体もスッキリ、週の初めにリフレッシュ!

お申し込み、お待ちしております。

富田和明



---------------------------
響和館の日曜-富田和明 大太鼓基礎講


時間■日曜日、月一回、11時-12時30分(90分)
日程■12月8日(日)/1月26日(日)/2月23日(日)約3ヶ月前に決定
内容■大太鼓の基礎から練習曲を叩くまで!
※やはり叩きたいのは大太鼓、全身からバチを振り下ろすと、全身に音が還って来ます
心地よいリズムに揺られながら、体を目覚めさせます
月謝■4,000円+税 



問合せ:申し込み■太鼓の里 響和館(月曜休館)
Tel 03-3714-2774(受付 11:00-17:00)



チラシデザイン&写真/YOSHINAGA Yuri 背景イラスト/IWOZON(Illust AC) 

















2019年11月14日木曜日

伊豆天城大太鼓合宿で深呼吸‥‥‥第五回、太鼓アイランド伊豆

11月9日(土)、今朝は三時間だった。

横浜から伊豆天城会場までトラックで走った時間。
東名で工事渋滞がなかったら、二時間半で着いたと思うが。


10時50分、宿舎に到着して、
太鼓アイランド伊豆代表Uさんと二人でいつもの準備。




まず宿舎に食料調理器具などを下ろし、体育館に行って太鼓を下ろす。
宿舎の調理場にあるのは、冷蔵庫と水道水のみ。
他の調理道具、使用する食材などはすべて持ち込み。


12時になって川崎からバイクで走ってきたTさんが到着。

Uさんが修善寺駅まで迎えに行ったSさんとIさんが12時半に到着。

今回の伊豆合宿参加メンバーがこれで揃う。













午前中は雨でも降りそうな気配だったが、午後は晴れ間も少し見えた。
しかし曇り空が多かった。

体育館の窓の外のキャンプ場では、家族連れが色とりどりのテントを張って華やかに見えた。






僕らは太鼓と一日、向かい合う。

でも初日は挨拶程度だ。

忘れていた太鼓を叩く感覚を取り戻すことで終わる。


一本打ち30分もメニューに入り、「太鼓ノート・いろは」の練習問題をていねいに解いていくうちに体がほぐれてくるのだ。

やはりこういう稽古が必要だと思う。

月に一度はこういう稽古をやりたい。


今日のメンバーは常連さんのみなので、説明不要でどんどん練習メニューが進む。





夕方5時、体育館を出て時之栖チェーンにも入っている源泉掛け流し温泉『ほたる』に浸かり、

7時から乾杯の後、自炊スタート。

サラダと焼肉と酒。




極上牛、レバー、豚、鶏、ウインナーソーセージ、モツなど、お肉の天こ盛りフルコース。

酒は、いつもの発泡酒、ワイン、芋焼酎など‥‥‥。

※僕の大失敗は、胡椒と醤油を持ってくるのを忘れたこと。
特別に用意しておいて、それを荷物に入れ忘れ。








深夜まで酒盛りは続くも、
話しているのはたわいもないことで、内容は何も覚えていない。










二日目朝、目覚めると快晴だった。

僕は6時に起きて、朝食の用意.。

7時に朝ごはん。







8時から片付けを始め、8時半には宿を出発した。











体育館で最初に楽譜の説明(思い出し)をした。












その後は、ガンガン叩いて、お昼。

午後も元気に叩く。



二日目は体も馴れているので、動きやすい。

曲のGalaxy Shockと、基本打ち込みと、今日も一本打ち30分を叩き、

フリーソロコーナーも入れる。



自由に打つことは頭の中をリセットできる。


予定通り、午後2時50分に稽古を終えて記念撮影。















片付けは午後3時半に終了。

慣れているメンバーなので、黙々と作業は続いた。




そして伊豆を後にする。















僕にとっては、横浜への帰り道が恐ろしい。


道には迷っていないが、日曜名物伊豆の大渋滞が待ち構えているからだ。







午後3時40分に出発しているのに、横浜到着は、夜の7時50分!

4時間10分。。。


特に今は絶好の行楽シーズンなので、
日曜日の夕方に高速を走るのは出来れば避けたいが‥‥‥今日は仕方がない。






伊豆は大変だが、太鼓を叩く環境としては素晴らしい!

本当は二泊三日くらい合宿したいくらいだ。



僕らは言葉で生きている。そして、太鼓で生きている。

と、つくづく思う。

そういう深呼吸をした。












次回の大太鼓合宿は、いつもの川崎です。

2020年 1月18-19日(土・日)初春大太鼓合宿!


神奈川県川崎市/川崎市青少年の家