2018年10月31日水曜日

響和館、日曜太鼓二講座の時間と料金を改定しました!

目黒区祐天寺/太鼓の里・響和館開催、
富田和明 日曜太鼓二講座の時間と料金を改定しました。

 
11月4日(日)から以下のようになります。
『日曜-大太鼓基礎講座』
11:00-12:30 90分 3,500円+税(3,780円)
『日曜-スキヤキ屋台囃子講座』
12:50-14:50 120分 5,000円+税(5,400円)
 
まだ定期講座となって、11月が三回目となります。
参加者募集中です。

 
お申込みは、響和館まで
Tel/03-3714-2774(月曜休館) 
kyouwakan@aroma.ocn.ne.jp
http:/www.asano.jp/kyouwakan/
東京都目黒区五本木2丁目15-9 秀永ビルB1















2018年10月25日木曜日

レイチェルとニックは歌う〜大太鼓合宿『Oh!太鼓 Voi.82』

気持ちの良い秋の空だった。
合宿日和。

太鼓を叩くのは地下音楽室なんだけれど、それでもやはり気持ちも晴れる。





初日。

午後の部は、皆で最初はゆっくりと体の様子を見ながら叩き、
そして徐々にガンガンにと叩きまくる。

基本の動作、単純なリズムを繰り返し、また少し頭の体操になるような遊びも入れながら叩く。

普段トラックの中に入ったままでカバーに包まれている大太鼓を、
カバーから出して空気に触れさせると、皮がやっと呼吸を始める。
だから最初はどうしても固い音だ。

それを少しずつほぐして叩いていくと、自分の体も同じようにほぐれていく。
皮がしっかりと呼吸をして音が馴染んで来る頃、こちらの体も場の空気と音に馴染んでくる。




夜の部は打ち込みの後、大太鼓ソロについてレクチャーをした。

一人ずつに僕がテーマを出して叩いてもらう。
これはちょっと初心者の人には無理なので、長い人だけ。


例えば、秋の虫、鈴虫コオロギの虫の音が聞こえる秋を、Tさんのテーマに出すと、

彼の自宅庭で繰り広げられる秋の虫達の声が聞こえてきた。
最初それは小さな声だったが、囁きが競演へと広がっていく。
すると聞いている僕もその中の虫の一匹となり、庭の中で声を上げていた。
そして最後はまた、夜のしじまへと消えていった。


Jさんには、月光、秋の月、をテーマに出してみると、

彼女に何があったのか、電気も付けずに自宅に戻った夜、
畳の上で一条の光が彼女の帰りを待っていた。
その光りに誘われるように窓を開けてみれば、鮮やかに満ちた月がその空に見える。
輝きが彼女の頬を濡らす涙を映そうとした時、薄い雲がゆっくりとやってきて、
月光を曇らせた。



そのような風景が、彼らが叩く太鼓から聴こえ見えてきた。



構え方や叩き方や、大きい音や小さい音をキチンと出すことも大事だ。

でもそれだけではダメだ、心が宿っていないと何も伝わらない。
逆に言えば、叩き方が滅茶苦茶で、リズムも喩えバラツイたとしても、
必死で何かを考えた時、また考えようとした時、何かを表現したいと思った時、
聞く人たちを別の世界に連れて行く力を持つことがある。


大太鼓って叩くのも、聴くのも楽しい。















二日目は、参加メンバーほぼ総入れ替わり、新曲を叩いた。

とは言ってもこの曲はまだ完成していない。


皆さんと一緒に、皆さんに叩いてもらって、段々とその姿が浮き彫りになり、
形を創っていくことになるんだけれども、
まだ今回は一回目の稽古なので、まっさらなところから第一歩を踏み出したと言える。



この新曲は、先にタイトルを決めた。
僕の作曲あるあるの一つ。


最近気になった言葉があって、その言葉を使いたいと思ったからだ。
そこに最近見た映画の主人公がやって来て、男女二人の会話が始まった。

それが、レイチェルとニック。
映画のタイトルは、『クレイジー・リッチ!』




この映画にものすごく感動したわけではなかったのに、
僕が頭の中で太鼓曲の構想を練っていた時に、この二人が突然にやって来て、
会話が始まったというわけ。

二人の、穏やかで時に賑やかな話を聞いているのは心地良い。

出会いからプロポーズまでのシーンを振り返ったところで、曲の大枠が出来た、と思う。



ちなみに僕の新曲とこの映画の内容は、まったく関係がありません。
ただこの二人がやって、僕の想像の扉を開いただけの話。



こうやって作られた曲のテーマやオカズを、あれこれと合宿で叩いてみると、実際の太鼓曲の姿が現れ、音へと変わっていく。

大太鼓の音に包まれると、頭の中だけで考えた音や、小さい太鼓の音とはまるで違う空気が流れ出す。
誰がどの太鼓をどのように叩いていたかでも、音がまるで違って聞こえる。

そして、
このリズムを何度も叩いていると、大太鼓の音が、これから先の行くべき場所へと導いてくれる。

その場を作る仲間たちが、新しい曲の産声を上げさせてくれるのだ。



女と男が出会い、色々な事と遭遇して、最後に行き着く場所が、
『Belle Île』。

日本語ではベルイル、ベリールと書く、フランス語で「美しい島」という意味。
これが、この曲のタイトル。






二日目の稽古では一枚の写真を撮る間もなく、休憩も少しで、ずっとアレコレと集中して一日叩いていた。

いや、一枚だけ撮ったのはあった(特に意味はありませんが、偶然)。
それがコレ。






楽しい二日間が過ぎました。













次回の大太鼓合宿は、12月8-9日(土・日)。

あなたもレイチェルとニックに会いに来ませんか?(あくまでも想像の世界ですが)

一日目は、いつもの基本打ち込みのみ、歳末叩き合い。
二日目が、ベリール(Belle Île)を叩きます。




今年最後の大太鼓合宿、参加者募集中!

2018年9月28日金曜日

Oh!太鼓 Vol.81〜秋の伊豆天城大太鼓合宿が終了!




第三回、伊豆天城大太鼓合宿を、9月22-23日に行いました。


まずは、9月22日(土)。

6時起床、用意をして8時過ぎに横浜自宅をトラックで出発。
東名高速に入ると、大渋滞。
三連休の初日だったことを忘れていた。

足柄からは動き出して、新東名の長泉沼津ICで降りるも道を間違い少しロス。
でもって天城ふるさと広場には、ぴったりと11時着。


それから太鼓アイランド伊豆代表のUさんと二人で太鼓道具を下ろし始め、
11時半になってUさんは、修善寺駅までIさんをお迎えに。


そして12時半、全員集合。
と言っても全員で三人だけれど。。。

少し休んで、稽古開始。



午前中は小雨模様で、午後になって徐々に曇りから薄曇りへ、時々晴れ。

窓ガラスをすべて締め切って叩く体育館は、7月ほどではないが、まだまだ暑かった。

腰痛と風邪の病み上がりだった僕は、最初少し叩いただけで体がヘロヘロになっていたが、
その状態を越えると大丈夫になって、後は普段と同じような感じで打てた(と思う)。
















午後1時から5時までの四時間、ほぼ休みなく叩きまくった。

基礎練習をたっぷりと繰り返した後、

響和館の火曜日大太鼓のテーマ曲『火乃光り』を叩いていたら、
どんどんアレンジが加わっていき、なかなかの曲になってきた。
やはり叩いてみなくては判らない。
叩けば、体が曲の方向を教えてくれる。




稽古を終えて、一旦宿に入り、少し準備をして近くの温泉へ。

車で5分のところにあるこの温泉は、外観はぱっとしないが、
風呂は源泉かけ流しの本物の温泉で、とても素晴らしい。
ここで一時間浸かってポカポカに。
今日気が付いたが、この温泉は「時の栖」グループの一つだった。


宿に戻って乾杯の後、焼き肉とサラダの用意。
久しぶりに発泡酒を飲むが美味しくは感じなかった。
色々と三本飲んでみたけれど、やっぱり美味しくはなかった。
その後、赤ワインも少し頂いたが、美味しく感じず仕舞い。
これはどうしたことか?

焼き肉スタート。
こちらは、大変美味しく戴きました。




二日目の朝、7時半朝食。

ゆっくりと話しながら食べ、
このままのペースで大太鼓合宿を開催していくと来年に第88回を迎えそうなので、88回目は何かイベントが出来ないかと三人で話したが、
以前に実施した12時間大太鼓マラソンとか、太鼓アイランド杯大太鼓コンテストとか、しかし、具体的にはまとまらなかった。
まあ時間はまだたっぷりあるので、ゆっくり考えようと思う。

8時20分お片付けとお掃除開始。
三人はベテランメンバーなので、皆やることをやり、順調に片付く。

宿から体育館に移動して、ちょうど朝9時に稽古を始められた。



午前中は基礎練習と、フリーソロを叩く為の練習をする。
三人しかいないので、けっこうな濃い内容になったと思う。
気が付けば時計が12時23分。

それでコンビニへ行き、各自が昼食を買って食べ、少し休み、
午後の稽古は1時20分開始。
外では、太陽の光りが眩しい。


昨日稽古した『火乃光り』がいよいよ立派なソロ曲へと姿を変えていく。
変えたい箇所を叩いてみると、また次の課題が浮かび上がり、叩いては直す繰り返し。
また気が付けば3時14分。

この稽古場には時計がないので、その都度、自分の時計を見ては時間を知る。
最後は基礎練習に戻り、軽くストレッチもして、午後3時半に稽古すべて終了。










二日目もとても良い稽古が出来た。
何より腰痛も出ず、体が普通に動いているのが嬉しい。

しかし、この後の片付けが大変だった。


いくらベテランの三人とは言え、三人ではなかなか時間がかかったからだ。
大太鼓台のパーツは非常に重く、これを運ぶと、体がメシメシ音を立てているように感じる。

そしてこの三人が無駄口一つ叩かずにテキパキと片付け、トラックに積み込みを終えるまで、
どのくらい時間がかかったのか‥‥‥。

その後、記念写真を撮って、
Uさんが修善寺駅までIさんを車で送るために先に出た。
そしてトラックが出発の際、時計を見ると、4時38分だった。

この後、トラックは東名高速名物日曜のゴールデン渋滞に巻き込まれることになるのだけれど、
しかしそれ以外、大太鼓の稽古は、とても満足出来るものだった。
風邪も太鼓を叩いてほぼ治った気がする。




第三回天城合宿、参加のお二人、ありがとうございました!















次回の大太鼓合宿は、川崎で10月と12月にあります!
皆さん、お待ちしております。


10月大太鼓合宿/10月20-21日(土・日)


12月大太鼓合宿12月8-9日(土・日)