2018年9月6日木曜日

『一富士-ICHIFUJI』スタート!?





今日から私、久しぶりの海外イベントツアーでした。
 
声を掛けてくれたのが露木一博さん。
彼が団長プロデュースする、パフォーマンスグループ『一富士(いちふじ)』のメンバーとしての参加です。
 
向かう先は、南樺太の元・豊原、現在はロシアが実効支配しているサハリン州ユジノサハリンスク。
 
まず成田空港から新千歳空港に飛び、そこからオーロラ航空に乗り換えてユジノサハリンスクに到着する予定でした。
 
そこで何があるのかというと、日露芸術文化フェスティバルが明日から日曜日までの三日間開かれることになっていて、このフェスティバルに参加することになっていました。
 
 
が、
 
朝の北海道地震です。
 
始発のリムジンバスで成田空港に向かい、成田に到着した時に新千歳空港の全便欠航を知りました。
明日のユジノサハリンスク直行便飛行機に乗れるのかどうかは、まだ判りませんが、とりあえず今日は解散となり、また横浜に戻るリムジンバスの中にいます。
 
 
太鼓打ちメンバーとは稽古で会っていたのですが、他の画家さん書家さん、芸者さん、漫画家さん等々の皆さんとは空港で初めてお会いしました。
 
もの凄く面白そうなメンバーばかりが集まっているように思いました。
明日は、どうなるのか?
 
本日は、露木団長の音頭で一本締めをみんなで行い、解散。
 
皆様、とりあえず本日は、お疲れ様でした。
 
こんなことになってしまいましたが、全員なぜか、ものすごい笑顔です。


明日に祈る!































 
 
北海道の皆様、地震お見舞い申し上げます。







【追記】

このイベントは翌日中止が決定されまして、サハリン行きは幻となりました。
またいつかの再会を祈って、一先ず、解散。お疲れ様でした〜!












2018年9月4日火曜日

響和館『火曜日の大太鼓講座』始まる!















今日から太鼓の里・響和館の火曜日・大太鼓講座が始まった。


火曜日大太鼓講座だけでは少し味気ないかなと思い、心の中で名前を付けた。題して、

富田和明 大太鼓講座『火乃太鼓』。



今日はその初日なので、前から記念に何か叩きたいと思っていたら、
今朝ベッドの上で目覚めた時に、それは突然にやってきた。

最初のリズムが出てきて、そのまま次々と流れてきた。
軽く考えている時の曲はかろやかだ。
夜明け前に起き出して、机の上で楽譜に書いてみるとなかなかの曲になりそうだった。


それを今日のクラスでも叩いてみようと思ったが、
とてもそこまでは行きそうにない。
一番基本の一発打ちをやっているうちに一時間が過ぎ、

それでその後に無理矢理、作った曲の最初の一小節だけを叩いた。
もう少しできそうだったので、二小節、三小節とやって、四小節まで叩く。
今日はここまで。

太鼓がほとんど初めての人がいたので、ここまでにした。
大事なことは、好きになってもらうことなので、ゆっくりスタート。
今月からは全部月謝制の教室なので、調整が出来る。

講座の最後に、僕一人でこの曲を全部、大太鼓で最後まで叩いてみた。
なかなか良い感じだった。



今朝作った曲の名前は、『火乃光り』にする。
この光りに導かれて、これからの一年間を楽しく叩いていきたいと思う。








響和館『富田和明 大太鼓講座
毎月二回・火曜日/11:00-12:30
※基本第一、第三火曜日


お問合せ:お申込み
一般財団法人 浅野太鼓文化研究所
太鼓の里 響和館 http:/www.asano.jp/kyouwakan/
東京都目黒区五本木2丁目15-9 秀永ビルB1
Tel/03-3714-2774(月曜休館) 
kyouwakan@aroma.ocn.ne.jp


こちらは響和館ブログ

2018年8月28日火曜日

伊豆天城、秋の大太鼓合宿/9月22-23日!

残暑お見舞い申し上げます!


8月も終りとなりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
今年は夏が長い。

夏が大好きな私としては、とても嬉しいのですが、農作物がうまく育たなかったり、台風が多く発生したり、突然の豪雨など、酷しい夏となりました。

が、秋はもうすぐそこ!(の筈)



7月最初の土日に伊豆天城夏の大太鼓合宿を行いましたが、
9月の終わりにまた、伊豆天城で秋の大太鼓合宿を行うことになりました。

どうぞ皆様、ご参加下さい。




次回大太鼓合宿は、
伊豆秋合宿は9月22-23日(土・日)

http://www.tomida-net.com/ootaiko81.html



富田和明的太鼓合宿『Oh!太鼓 Vol.82』
川崎秋合宿は10月20-21日(土・日)

を予定しています。
あなたも大太鼓合宿に参加してみませんか?






2018年8月5日日曜日

9月から始まる、富田和明の新定期講座『大太鼓講座』/響和館





9月から始まる、富田和明の新定期講座(響和館)


1)、日曜-大太鼓基礎講座

講師/富田和明
時間/日曜日、月一回、11時-12時(60分)
 9月16日、10月28日、二ヶ月前に決まります

内容/大太鼓の基礎だけを叩く!
※やはり叩きたいのは大太鼓、全身からバチを振り下ろすと、全身に音が還って来ます
心地よいリズムに揺られながら、体を目覚めさせます
月謝/3,240円
対象/初心者から経験者までどなたでも





2)、火曜-大太鼓講座

講師/富田和明
時間/火曜日、月二回、11時-12時30分(90分)
 9月4-18日、10月2-16日、二ヶ月前に決まります

内容/大太鼓の基礎から曲打ちまでを、じっくりと叩きます
※週の始まりに叩く大太鼓、大太鼓の音魂を全身に浴びて、自分自身と向き合います
基礎稽古から一曲を仕上げるまでゆっくり稽古をします
月謝/6,480円
対象/初心者から経験者までどなたでも


-------------------------------

OH TAIKO




今から12年前の夏の東京、僕は生まれて初めての太鼓コンテストに出場していた

目の前にあったのは、見上げるような、四尺の大太鼓

その太鼓をドン、と一発叩いた時、僕の体の中の何かが声を上げた


それまでも大太鼓はずっと叩いてきたのに、なぜその時の響きは違ったのか?

それは、これまでになく自分が真剣に太鼓に向き合っていたせいであろうし

その目の前にあった太鼓が素晴らしい大太鼓であったせいであろうし



兎も角、その一発の響きに、打たれた





太鼓はどれも素晴らしい

今いろいろな太鼓がある。どれも好きだ


でも一つだけ選べ、と言われたら?

僕は迷わず、「大太鼓」と答えるだろう


心が震える一発の音と、また出会いたいと思っている



                             富田和明








お問合せ:お申込み
一般財団法人 浅野太鼓文化研究所
太鼓の里 響和館 http:/www.asano.jp/kyouwakan/
東京都目黒区五本木2丁目15-9 秀永ビルB1
Tel/03-3714-2774(月曜休館) 

















9月から始まる、富田和明の新定期講座『スキヤキ屋台囃子講座』/響和館





9月から始まる、富田和明の新定期講座(響和館)



日曜-スキヤキ屋台囃子講座

講師/富田和明
時間/日曜日、月一回、12時20分-14時50分(150分)
 9月16日、10月28日、二ヶ月前に決まります

内容/基礎から曲まで、締め太鼓も宮太鼓も含めてじっくり稽古をします
※まだリズムを覚えていない方にはスキヤキ言葉で覚えやすく、一つ一つの形を確認しながら身に付けていきます
力強く打つ宮太鼓と軽快な締太鼓玉入れ、曲構成から各自が自由に打つことが出来るまで指導します
月謝/6,480円
対象/初心者から経験者までどなたでも



-------------------------------

SUKIYAKI YATAI-BAYASHI




秩父屋台囃子は、太鼓の王道と言える
ドコドコドコドコドコドコドコドコという、この連続音は人の琴線を揺れ動かしてやまない
この音を耳にすると誰もが夢中になってしまうからだ


僕が二十歳で鬼太鼓座の門を叩いて佐渡に渡った時
大太鼓を叩くよりも、屋台囃子が憧れの太鼓だった
ずっと先輩のように叩きたくて、稽古をしてきた
舞台の上で屋台囃子の宮太鼓を叩けるようになるまでには、四年かかった
鼓童になって、その三番に入れた時、どれほど嬉しかったことか



屋台囃子は非常に難度の高い太鼓だ。そう簡単には叩けない
リズムを覚えるだけも、相当の時間がかかる
体で覚えるまでには、もっと大変だ

ある時
リズムだけでももっと簡単に覚えられる方法がないものかと思った
そして最初の「ドロドロドン」を、「スキヤキ丼」に言い換えた時
僕の中で世界が変わる


この方式で全曲を言い換えることが出来るのか?
と考えて、直していくと‥‥‥‥、出来た
えっ、こんな曲だったのか?!と

スキヤキ言葉でこの神聖な太鼓を覚えるのは冒涜ではないかという声も、もちろん御尤もだ
でも今までまったく叩くことを諦めていた人が
この言葉がきっかけで覚えて叩くことに興味を持ってもらえれば
僕はそれで嬉しい

入り口は入り易い方がいい。その後で
この屋台囃子の本当の魅力を知ってもらえればいい
そう思っている


これまで40年、屋台囃子を叩き続けてきて誕生したのが、スキヤキ屋台囃子だ


                             富田和明








お問合せ:お申込み
一般財団法人 浅野太鼓文化研究所
太鼓の里 響和館 http:/www.asano.jp/kyouwakan/
東京都目黒区五本木2丁目15-9 秀永ビルB1
Tel/03-3714-2774(月曜休館)