2019年11月14日木曜日

伊豆天城大太鼓合宿で深呼吸‥‥‥第五回、太鼓アイランド伊豆

11月9日(土)、今朝は三時間だった。

横浜から伊豆天城会場までトラックで走った時間。
東名で工事渋滞がなかったら、二時間半で着いたと思うが。


10時50分、宿舎に到着して、
太鼓アイランド伊豆代表Uさんと二人でいつもの準備。




まず宿舎に食料調理器具などを下ろし、体育館に行って太鼓を下ろす。
宿舎の調理場にあるのは、冷蔵庫と水道水のみ。
他の調理道具、使用する食材などはすべて持ち込み。


12時になって川崎からバイクで走ってきたTさんが到着。

Uさんが修善寺駅まで迎えに行ったSさんとIさんが12時半に到着。

今回の伊豆合宿参加メンバーがこれで揃う。













午前中は雨でも降りそうな気配だったが、午後は晴れ間も少し見えた。
しかし曇り空が多かった。

体育館の窓の外のキャンプ場では、家族連れが色とりどりのテントを張って華やかに見えた。






僕らは太鼓と一日、向かい合う。

でも初日は挨拶程度だ。

忘れていた太鼓を叩く感覚を取り戻すことで終わる。


一本打ち30分もメニューに入り、「太鼓ノート・いろは」の練習問題をていねいに解いていくうちに体がほぐれてくるのだ。

やはりこういう稽古が必要だと思う。

月に一度はこういう稽古をやりたい。


今日のメンバーは常連さんのみなので、説明不要でどんどん練習メニューが進む。





夕方5時、体育館を出て時之栖チェーンにも入っている源泉掛け流し温泉『ほたる』に浸かり、

7時から乾杯の後、自炊スタート。

サラダと焼肉と酒。




極上牛、レバー、豚、鶏、ウインナーソーセージ、モツなど、お肉の天こ盛りフルコース。

酒は、いつもの発泡酒、ワイン、芋焼酎など‥‥‥。

※僕の大失敗は、胡椒と醤油を持ってくるのを忘れたこと。
特別に用意しておいて、それを荷物に入れ忘れ。








深夜まで酒盛りは続くも、
話しているのはたわいもないことで、内容は何も覚えていない。










二日目朝、目覚めると快晴だった。

僕は6時に起きて、朝食の用意.。

7時に朝ごはん。







8時から片付けを始め、8時半には宿を出発した。











体育館で最初に楽譜の説明(思い出し)をした。












その後は、ガンガン叩いて、お昼。

午後も元気に叩く。



二日目は体も馴れているので、動きやすい。

曲のGalaxy Shockと、基本打ち込みと、今日も一本打ち30分を叩き、

フリーソロコーナーも入れる。



自由に打つことは頭の中をリセットできる。


予定通り、午後2時50分に稽古を終えて記念撮影。















片付けは午後3時半に終了。

慣れているメンバーなので、黙々と作業は続いた。




そして伊豆を後にする。















僕にとっては、横浜への帰り道が恐ろしい。


道には迷っていないが、日曜名物伊豆の大渋滞が待ち構えているからだ。







午後3時40分に出発しているのに、横浜到着は、夜の7時50分!

4時間10分。。。


特に今は絶好の行楽シーズンなので、
日曜日の夕方に高速を走るのは出来れば避けたいが‥‥‥今日は仕方がない。






伊豆は大変だが、太鼓を叩く環境としては素晴らしい!

本当は二泊三日くらい合宿したいくらいだ。



僕らは言葉で生きている。そして、太鼓で生きている。

と、つくづく思う。

そういう深呼吸をした。












次回の大太鼓合宿は、いつもの川崎です。

2020年 1月18-19日(土・日)初春大太鼓合宿!


神奈川県川崎市/川崎市青少年の家















2019年10月17日木曜日

第89回太鼓合宿は、伊豆天城!






次回、大太鼓合宿は、伊豆天城!
一日目は、基礎特打ちと、夜は、鍋か焼肉宴会。
二日目は、Galaxy Shock(作曲/富田)
https://youtu.be/p6U0T7LWLsg


参加申込者には全曲動画と楽譜を前もって送ります。
 







富田和明的太鼓合宿『Oh!太鼓 Vol.89』
11月9-10日(土・日)秋の伊豆大太鼓合宿!
『第5回・太鼓アイランド伊豆』
静岡県伊豆市/天城ふるさと広場
http://www.tomida-net.com/ootaiko89.html
 

皆様のご参加をお待ちしております。
















2019年10月7日月曜日

太鼓合宿第88回記念『六時間太鼓駅伝』、終了しました!






朝9時から始まって、午後3時まで6時間、打ちまくりました!

スタートはこのメンバー。








そして6時間後、ゴールはこのメンバーで打ち終えた。






最初から最後まで叩いたのは、四人。

参加人数は、十人。




久しぶりに太鼓を叩いた気分。

その証拠に、このTシャツの汗臭さが半端ない。


いつもは多少稽古しても、それほど汗が出ない僕だが、今回の汗は体の奥底から絞り出た、唸り出たような汚れた汗だった。デトックス効果か?

解毒された気がする。




今回は、いつもの合宿常連さんらに加え、某大太鼓コンテスト二連覇中の太鼓打ちが参加してくれたので、僕も火が点いたというか、大いに刺激された。





一発打ちの連続一時間打ちも、全員でやりきった。
30分を二本、60分を一本。

他は一人ずつ叩いたり、二人だったり、皆んなで音の襷を繋げた。


やはり叩き続けることは大事だ。

六時間駅伝が出来て本当によかった。



これまでにもこの太鼓合宿では12時間マラソンを1回、6時間マラソンを2回行ってきていて、6時間は今回で三回目。


大太鼓の音は素晴らしい。

















































太鼓を叩くって、気持ちがいい。


参加のみなさま、お疲れ様でした。



















次回は11月、伊豆天城です!




富田和明的太鼓合宿『Oh!太鼓 Vol.89』
11月9-10日(土・日)秋の伊豆大太鼓合宿!
『第5回・太鼓アイランド伊豆』
静岡県伊豆市/天城ふるさと広場
http://www.tomida-net.com/ootaiko89.html



2019年9月19日木曜日

十月から始まる、富田和明の定期講座

太鼓の里・響和館での私の教室案内です。

10月から時間と参加費が若干、変更されました。
ご注意ください。








 

尚、今月29日(日)の発表会『響和祭11』での教室演奏、予定登場時間は以下の通り。
『火曜日の大太鼓クラス』午後2時15分。
『スキヤキ屋台囃子クラス』午後5時31分。
それぞれ5分の演奏時間です。
 
お近くの方は、どうぞお越し下さい。






2019年9月5日木曜日

淡路島先山/町石道案内のようなもの




町石道(ちょういしみち)と言えば高野山が有名だが、淡路島の先山(せんざん)にも高野山と比べればとっても短いが、それはある。





町石道には、一丁(約109m)毎に町石と呼ばれる石柱の道標が立てられている。
先山の場合は、山頂までが十八丁。
ちなみに高野山町石道は全長約26kmの間に216基の町石があるという。
(僕も2016年に歩いたが、とても素晴らしい道でした)

先山とは、淡路島中央部に位置する標高448mの山、愛称は淡路富士。
山の頂には先山千光寺が建立されている。



先山に登る道を二つ、地図に記してみた。
車道でもある登山道①は、なだらかで登りやすい。
そして町石道は、急な坂になっている部分もあるが距離は短い。

僕がお勧めするのは断然登山道②の町石道だが、ご自分の足力に応じてコースを選んでください。

登りは車道を歩き、下りは町石道を歩くのは負担が少ない。
町石道の三丁辺りには車を駐車できるスペースがあるので、ここに車を停めて登る人が多い。
ここから毎日登っている人もいるらしい。速い人で往復1時間、ゆっくりで1時間半ぐらいか?

僕は実家がある志筑から歩いて往復(約27km)しているが、高速道路の淡路島中央スマートICの無料駐車場に車を停めて、そこから往復(約10km)するのも便利だ。


僕が2018年正月に登った時には、洲本市街から走って登ってきた人とも会った。








下の写真は、2018年1月に撮ったものと、2019年7月に撮ったものが混ざっています。









































町石道の途中にご来光を拝めるスポットがある。

大阪湾を挟んで、朝日は和歌山、奈良の山々から昇ってくる。

















先山千光寺に到着。長い石段がお出迎え。















展望台から見える南あわじ。そして四国の山々。


















































下写真は、車道登山道の一部。
こちらは歩きやすい。





















皆さんも、どうぞ淡路島先山をご堪能下さい!








富田和明プロフィール