2017年10月20日金曜日

『チンドン般若心経』〜菊乃家・嶋崎靖、登場!















『チンドン般若心経』

今回の公演の隠れテーマでもありました、シークレット演目。
チンドン菊乃家・嶋崎靖、登場!
 
自分にとっての般若心経をいかに叩くのか?
自分にとっての大太鼓をいかにたたくのか?
この二つのことをずっと考えていた時、或る日、僕の頭の中にフイに舞い降りてきたのが此れ。
 
二つが合体して形となった。
 

般若心経を叩く時、これまでのものはどうしてもテンポにとらわれてしまう。
通常はそうだ。
そして厳かである。
しかし、そうではない別の側面も表現してみたかったのだ。
 
これまでのお経の概念ではない、
もっと本来はこんな力を持っていたのではないかと思う、
念仏踊りのような、
禅問答のような、
唄う大道飴売りのような、
そういうものを演ってみたかった。
 
日本の多くの祭りに大きな影響を与えたとされる祇園祭も、始まりはお経を唱えて踊る念仏踊りなのだ。
だから大げさに言えば、これが日本の祭の原点。。。

 
そこで、42年来の今村学校の同級生・嶋崎靖の顔が浮かんだ。
チンドンこそが、般若心経ではないのかと。
 
 
決して私はふざけて話しているのではない、
真剣にこのチンドン般若心経が、一つの核心ではないかと思っている。
 


数回の打ち合わせだけで挑んだ本番、さすが嶋崎は役者だった。
口跡が鮮やかで、
彼が客席から登場して、舞台に上がってきたその横顔を見ると、
デカイ、
なにしろ、顔がデカイ!

そして輝いていた。。。ありがとう、嶋崎。






 











 
 
2017年10月15日、東京亀戸文化センター/カメリアホールにて
撮影/青柳 健二
 
 





次の土日は、大太鼓合宿
---------------------
10月28-29日(土・日)富田和明的大太鼓合宿
『Oh!太鼓 Vol.75』/川崎市青少年の家 参加者募集中!
http://www.tomida-net.com/ootaiko75.html















0 件のコメント:

コメントを投稿