2021年3月25日木曜日

追悼、赤嶺隆さん

 赤嶺隆(AKAMINE Takashi)さんと初めて逢ったのは、僕がロンドンのコベントガーデンで、三味線を弾いていた時だ。

小雨が当たるのを肌に感じて弾くのを止め、目を開け三味線を片付け建物の下に入った時、声を掛けてくれたのが彼だった。
1984年4月15日・日曜、お昼過ぎ‥‥‥

「鼓童の方ですか‥‥‥」と。
この時鼓童は、同じコベントガーデンにある劇場(Theatre Royal Drury Lane)で公演中だったが、この日は中日の休日。

沖縄出身の赤嶺さんは、那覇で鼓童公演を初めて見たという、勿論今回のロンドン公演にも来たという留学生。
話が弾んでその後なぜか、彼の彼女の家へ行きミルクティーとビスケットを戴き、そこでも話し続ける。
物静かで控えめだが笑顔がとても人懐こい、つい気を許してしまって話し込んだ、あの少し肌寒かった、でも心は温まった春の一日。
彼は25歳で、僕は27歳だった。



それが翌年85年9月のロンドン公演では劇場楽屋にやって来て、「実は鼓童に入りたいのです」と告げ、本当に86年、佐渡にやって来た。
それから彼は主に海外ツアーのマネージャーとしてなくてはならない存在となっていくのだけれど、僕は89年の8月に鼓童を離れる。

赤嶺くんと過ごした時間は、そんなに長くはなかったけれど、とても濃厚な日々を過ごしたと思う。
その後、2002年10月ロンドンで再会したり、佐渡でも偶然に何度も会って、その度話し込んだ。
会えると心にパッと花が咲いたような気分になる。


マネージャーとしてプレイヤーを支えるのは当然のことだけれど、それよりも個人的にいつも支えてくれていたと思う。
それは僕だけではなく、どの人にとってもではなかったろうか‥‥‥そんな、いつもどこまでも優しい人だった。


赤嶺くん、ありがとう‥‥‥




合掌
---------------------



1986年12月、佐渡・鼓童稽古場
/前列左から四人目




1988年、佐渡・鼓童玄関前
/前列右から二人目









1984年4月頃、ロンドン・コベントガーデン
(撮影者不明)








2021年3月15日月曜日

『富田和明 栗田紘子 大太鼓つなぐ会』4月10日(土)に開催します!


2006年11月、浅野太鼓楽器店様より購入した私の大太鼓ですが、昨年2020年5月、栗田紘子さんにお譲りいたしました。
当初その5月にお披露目の「大太鼓つなぐ会」を開く予定でしたが、コロナ禍により延期になっていました。
一年延びましたがこの度、4月10日(土)に栗田さんの地元・横須賀市にて、開催いたします。
 
『富田和明 栗田紘子 大太鼓つなぐ会』
 








Photo/AOYAGI Kenji




お近くの方はどうぞお越しください。
入場は無料ですが、必ずお申し込みが必要です。
--------------------
申し込み・問い合わせ 
090-8451-1978(栗田)








2021年1月1日金曜日